現在地
  1. トップページ
  2. 理工学研究科について
  3. 機械工学領域

機械工学領域 Mechanical Engineering

「ものづくり」のための基礎研究・応用研究

 今日の日本の繁栄は世界一流の工業のおかげであることが改めて認識されています。その産業で重要な役割を担っているのが機械工学です。機械工学は、あらゆる産業の原点であり、全ての産業は機械工学なしには考えられません。この機械工学を担う人材を育成することが本領域の目的です。博士前期課程(修士課程)では高度な科学文明社会に対応できる専門職業人を、博士後期課程(博士課程)では優れた研究者を養成します。

 材料力学、機械力学、熱工学、流体工学、精密工学、制御工学、材料科学など機械工学の各分野を専門とする教員からなる領域です。各教員は、ものづくりをキーワードとして機械工学にかかわる最先端の研究を進めています。本領域では日本の「ものづくり」の優れた技術者と研究者を育成していると確信しており、本領域を修了した研究者は非常に幅広い分野で活躍しています。

優れた研究

 教員は日本機械学会のみならず、幅広く数多くの学会で活躍しており、科学研究費のほかにも各省庁の競争的資金を獲得し、世界に並ぶ研究を行なっております。

ハードからソフトに対応する技術者・研究者の育成

 本領域の教員の指導のもとに修了した大学院生は世界を競争相手とした設計技術者、研究開発者、システムエンジニア、教員として活躍しています。

教授 坂本 治久 [精密加工学]機械加工とレーザ応用プロセスの融合による環境調和形精密加工技術の開発 機能創造理工学科
申 鉄龍 [制御理論・自動車動力糸制御・ロボット制御] 自動制御システムの解析・設計手法開発 機能創造理工学科
末益 博志 [構造力学・複合材料工学]航空宇宙用繊維強化複合材料・構造の損傷と破壊 機能創造理工学科
鈴木 隆 [熱工学・エンジンシステム] 高効率エンジンおよび省エネルギ冷凍機の開発 機能創造理工学科
高井 健一 [水素先端材料工学]水素存在状態解析、水素脆性メカニズム解明 機能創造理工学科
簗地 徹浩 [流体工学]油空圧工学、機能性流体、流動解析、流動計測 機能創造理工学科
曄道 佳明 [マルチボディシステムの動力学と制御]高機能輸送システム、探査システムのダイナミクスと制御 機能創造理工学科
長嶋 利夫 [計算力学・構造力学]拡張有限要素法(XFEM)を用いた構造物の亀裂進展シミュレーション 機能創造理工学科
武藤 康彦 [制御工学・システム工学]多変数制御系および適応制御系の設計理論 機能創造理工学科
准教授 一柳 満久 [伝熱工学]エンジンシステムにおける熱流体解析 機能創造理工学科
鈴木 啓史 [材料工学・計算材料科学]金属材料中の水素の存在状態と特性に与える影響の実験と計算モデルによる解析 機能創造理工学科
竹原 昭一郎 [機械力学・制御] 人体・車両のダイナミクス.テザーを利用した宇宙用モビリティの開発
機能創造理工学科
田中 秀岳 [知的生産システム] 炭素繊維強化樹脂,CAD/CAM,塑性加工,品質工学,切削加工 機能創造理工学科
久森 紀之 [環境材料強度学]構造用材料の強度・破壊強度の評価・解析、生体機能材料の構築 機能創造理工学科
渡邉 摩理子 [流体工学]反応性流れ、燃焼由来粒子状物質の形成と流動の解析 機能創造理工学科
助教 ジェミンスカ・エディータ [流体工学]航空宇宙工学、デトネーションの基礎、衝撃波-境界層相互干渉 機能創造理工学科