現在地
  1. トップページ
  2. 理工学研究科について
  3. 研究科委員長からのメッセージ

研究科委員長からのメッセージ

写真

工学部長・理工学研究科委員長 築地 徹浩 TSUKIJI, Tetsuhiro

 上智大学理工学部は、2012年に50周年を迎えました。2008年には「機械工学科」、「電気・電子工学科」、「数学科」、「物理学科」、「化学科」、「生命科学研究所」の5学科1研究所を、より専門分野間の垣根を低くした「物質生命理工学科」、「機能創造理工学科」、「情報理工学科」の3学科に再編しました。また3学科とつながる大学院も、7専攻の旧体制から、8領域(機械工学、電気・電子工学、応用化学、化学、数学、物理学、生物科学、情報学)を1専攻の中に配置することで、領域間の連携を充実させた新しい体制としました。これは、今後ますます多様化する分野横断型の科学技術に柔軟に対応し、グローバルな視点から、地球規模で起きている環境破壊など様々な問題の解決に貢献できる人材を育成する狙いがあります。新理工学部は、科学技術の基盤となる理工分野の専門を極めながら,専門を超えて関連する他分野と連携できる感性や知識を備え、現代社会が問いかける複雑な課題の解決に貢献できる能力を「複合知」と定義し、この「複合知」を修得した人材を輩出することを目指しています。2009年には本学がグローバル30(国際化拠点整備事業)の13大学の1つに採択され、2012年に理工学部英語コースとして、すべての授業が英語で受けられ、学士の学位が取得できる「グリーンサイエンスコース」と「グリーンエンジニアリングコース」を開設しました。さらに2013年には、大学院理工学専攻の中にグリーンサイエンス・エンジニアリング領域を開設し、英語で修士・博士の学位が取得できるプログラムを整備しました。

 本学理工学部は、人間と社会、そして自然に対する「キリスト教ヒューマニズム」に基づく健全な価値観と判断力を養うため、全学共通科目を多くの留学生や文系学生と一緒に学ぶことのできる文理融合の環境にあります。この環境を最大限に活かして「複合知」を修得するためには、科学技術の広い領域の基礎知識を身につけた上で、他分野を自由に行き来するための自身の基盤となる専門分野の足場をしっかりと築く必要があります。そのために、選択制の学科専門科目に学習範囲を示す「キーテーマ」を設け、専門分野を極めることにも力を入れています。本学では徹底した少人数教育を行っており、学生は教員と密接なコミュニケーションをとりながら、履修科目の選択や専門領域への進路が決められるようになっています。 

 あなたも新しい時代に対応できる科学技術の専門家、国際社会で活躍できるソフィアンになりませんか?