現在地
  1. トップページ
  2. 理工学研究科について
  3. 生物科学領域

生物科学領域 Biological Science

生命活動の神秘を捉え、仕組みを解明しよう

 生物科学は近年爆発的に発展し、生命の謎は次々と解き明かされています。しかし、その謎はまだまだ深く、我々の想像を超えた未知の世界があります。一方、明らかとなった基礎生物学の知見は、直接新しい技術や製品として応用され、我々の生活を豊かにすることに役立てられています。すなわち、現在の社会は、生物科学の基礎研究を力強く切り開く研究者と生物科学の応用的価値を実現するための産業人を多く必要としています。

 生物科学領域ではこのような二一ズに応えるべく、高度な研究能力と幅広く応用可能な知識を兼ね備えた専門家を養成します。生物科学の研究は細分化されていますが、共通に必要な実験手技や考え方が多くあります。大学院生はさまざまなテクニックを習得し、下記にあげられた専門分野を深く掘り下げるとともに、多様な講義を受けることにより、生命という未知のジャングルの中に分け入る乗り物と土地勘を手に入れることができます。

高度な研究内容

 研究レベルの高さは国際学術誌への数多くの論文発表と、競争的研究資金獲得の実績によって裏付けられています。最先端の研究を大学院生とともに進めています。

教授による直接指導

 徹底した少人数教育により、研究計画の立て方、進め方、実験手技、情報収集の手法、発表のテクニックなど、研究のすみずみのプロセスを教員が直接指導しています。

幅広い教育内容

 幅広い分野における基礎から最先端までを、専門外の院生にもわかりやすく講義しています。専任のスタッフでカバーしきれない分野についても、他大学から超一流の研究者を招いての講義で補うシステムになっています。

教授 神澤 信行 [機能生化学]生物は環境変化に応じ、その機能を分子レベルで調節している。その機能を理解することで新しい技術が生み出される。我々は植物の傾性運動と生体関連材料に関する研究をしている。 物質生命理工学科
齊藤 玉緒 [環境分子生物学]土壌微生物の細胞性粘菌をモデルとしたポリケタイド化合物の生合成機構とその作用機構、細胞間情報伝達機構の解明。土壌微生物の化学生態学的解析とその応用 物質生命理工学科
笹川 展幸 [神経薬理学・神経化学]副腎髄質クロマフィン細胞・ドパミンニューロン等の神経系細胞を用い、伝達物質放出の制御機構を薬理学的手法で研究している。アンペロメトリー法による分泌動態の解析は研究室の特徴である。 情報理工学科
千葉 篤彦 [神経行動学・神経生理学]脊椎動物の行動発現の脳神経機構を、主として行動神経内分泌学的手法により解析している。 物質生命理工学科
林 謙介 [神経発生学]脊椎動物中枢神経系の発生における、神経細胞の移動と突起形成の研究 物質生命理工学科
安増 茂樹 [発生生物学]多細胞生物の卵は、卵膜に保護されている。ある発生段階に達すると、胚は卵膜を脱ぎ捨て孵化をする。孵化時に卵膜を分解する孵化酵素に焦点をあて、孵化酵 素タンパク質の機能進化、孵化腺細胞の分化機構などさまざまな生物現象を研究課題とする。 物質生命理工学科
准教授 小林 健一郎 [環境生物学]両生類の環境適応と進化を、幼生と成体の消化機能の差異から理解する。 物質生命理工学科
近藤 次郎 [生物物理学・構造生物学・Structure -Based Design]X線結晶解析による生体高分子の構造研究と、立体構造を基盤とした新しい薬剤やナノバイオデバイスの設計・開発 物質生命理工学科
新倉 貴子 [神経病理学・神経生理学]神経変性疾患(アルツハイマー病、筋萎縮性側索硬化症など)の病態機序解析。細胞生存因子の作用機序解析 情報理工学科
藤原 誠 [植物科学]植物オルガネラの分裂と形態ダイナミクスに関する分子細胞生物学的研究 物質生命理工学科
牧野 修 [分子生物学・分子遺伝学]枯草菌のウィルス、Φ29のDNA複製遺伝子産物による複製機構の探求 物質生命理工学科
助教 川口 眞理 [分子進化学]タツノオトシゴやヨウジウオの育児嚢特異的遺伝子の分子進化を中心とした魚類の繁殖戦略の進化に関する研究 物質生命理工学科
鈴木 伸洋 [植物分子生物学] 植物の環境ストレス応答を制御する分子生物学的機構の研究 物質生命理工学科